1. HOME
  2. ブログ
  3. 【満員御礼】10月8日(日)優しい力で痛み、コリが緩和できる!トリガーポイント療法セミナー

【満員御礼】10月8日(日)優しい力で痛み、コリが緩和できる!トリガーポイント療法セミナー

・できるだけ弱い力で痛みを緩和したい!
・ギックリ腰や寝違いなどに即効性のある技術を身につけたい!
・強モミにはどうも抵抗がある!

そんな、セラピスト、治療家のために、トリガーポイント療法のセミナーを10月8日(日)に東京・自由が丘で開催いたします。


講師は、こちらの先生です。
オリンピック代表選手を始め実業団のスポーツ選手の治療を手がける一方、理学療法士の学校で講師を、またプロの鍼灸師、理学療法士などに技術指導を行う。開催するセミナーは募集開始後平均3日で満席に。そんなセミナーには全国から800人超のセラピスト、治療家が集まる。現在Amazonにて4つのDVDと1つの電子書籍を発売中。
詳細プロフィールはこちら


1、あなたも弱い力で痛みが緩和できる!

トリガーポイント療法の最大の魅力は、とっても弱い力で痛みを簡単に緩和できること。
ですので、もしもあなたがトリガーポイント療法を身につければ・・・

5mmほどの圧なので女性セラピストでも簡単に痛みが緩和できる
ギックリ腰や寝違いなどの強い痛みが緩和できるようになる!
優しい施術なのでモミ返しや強モミが苦手なお客様が増える
痛みのポイントだけに施術を加えるので短時間で症状を改善できる

このように、あなたも弱い力で痛み、コリを緩和できるようになります。

トリガーポイント療法の詳細はこちら

 

2、受講者さまの声

実際にこのトリガーポイント療法を実践されている先生の声をほんの一部ご紹介します。

「やさしく痛みをとってくれる!」という口コミが増えました(整体院院長さま)
服の上からでもオイルを使用しても施術ができるので治療メニューが2つも増えました(アロマセラピスト様)
とっても弱い力で痛みを緩和できるので女性の患者様にも喜んで頂いています(整体院院長様)
ピンポイントで痛みが取れた時の感覚を味わうとドンドン治療が楽しくなりました(整骨院院長様)
本当に弱い力で驚きました。今までの強い手技は何だったんだろうと思いました(整体師様)
もみ返しが全くないです!と喜ばれる方が多い(治療院院長様)
ピンポイントで治療するので全身マッサージのように疲れないのが嬉しいです(リラクゼーションサロン経営)
強もみが苦手な女性客に喜んで頂いています(整体院院長様)
 受講者様の声をもっと見る

 

3、習得できる内容

今回のセミナーでは、明日から役立つ施術の流れを習得して頂きます。
具体的には次の3つのメニューが作れるようになります。

1、頭痛、肩凝り、背部痛コース(①~⑥)
2、腰痛コース(⑦⑧、⑤⑥)
3、体幹全身コース(①~⑧)

右図の8つのラインと、そこに潜むトリガーポイント(▲)の触診法と施術法を重点的に覚えていきます。
この8つのラインを覚えておけば、頭痛、肩こり、肩痛、背部痛、腰痛などの治療にすぐに役立てることができます。

①後頚筋群 ➁僧帽筋 ③肩甲挙筋 ④菱形筋 ⑤多裂筋・回旋筋 ⑥脊柱起立筋 ⑦腰方形筋(内側部) ⑧腰方形筋(外側部)

また皆さんのお店のスタイルに合わせて施術を取り入れることもできます。

①ギックリ腰や寝違いなどの痛みを即座に取りたい時

トリガーポイント(▲)を探し出し、そのポイントだけに施術を加えればOK。

ギックリ腰や寝違いなどの強い痛みも簡単に緩和する事ができます。

➁全身のほぐしとし活用したい時

施術ラインに沿ってゆっくり圧を加えていけばOK。

痛みを緩和しながらリラクゼーション効果も引き出せる一石二鳥の施術スタイルです。

③エステサロンやアロマサロンのメニューに取り入れたい時

オイルを塗り施術ラインに沿って指を滑らせればOK。

とても優しい施術法なので、アロママッサージなどに組み合わせることで究極のリラクゼーショントリートメントが生まれます。

このように、施術ラインと施術ポイントをマスターすれば3つの施術スタイルを作ることができます(^^)

更に、セミナーでは、この8つのラインの他に、更に細かい知識、テクニックも習得していきます。
具体的な内容は・・・

・トリガーポイントを素早く探し出す秘訣
・痛む部位からトリガーポイントを特定する方法
・トリガーポイントのがよく見つかるラインの触診法
・トリガーポイントがよく見つかるポイントの触診法
・ギックリ腰に効果的な施術ポイント
・施術効果をUPする施術姿勢
・3倍効果を上げる指の当て方、施術角度、深さのコツ
・明日から役立つ施術の流れ

また、セミナーで使う教材には、トリガーポイントを探す際の触診のコツや、指を入れる角度などを細かく解説しています。
ですので、レッスン後の復習に役立てて頂けます。

 

、24年間の私のトリガーポイント療法へのこだわり

弱い力でやさしく痛みを緩和する!

皆さん始めましてこんにちは!

私がトリガーポイント療法と出会ったのは、今から24年前。
私が京都で鍼灸整体院を開業している時でした。

当時は開業したばかりで、施術家としての腕も未熟でして
「どうにかしてギックリ腰や寝違いなどの強い痛みを緩和できるようになりたい!」
という思いで毎週のように東京や大阪のセミナーに出向き色々な手技を勉強していました。
がっつりセミナーオタクでした(^^)

丁度その頃、卒業をした大学の先生が翻訳をされた本が出版されました。
それがトリガーポイント鍼療法でした。トリガーポイント療法の元祖となる本ですね(^^)

私はこの本にドップリはまりました。

その理由は・・・

元々私は医学部か獣医学部を目指していました。
なので「気」だとか「血」と言った言葉が飛び交う東洋医学にはどうしても馴染めない所があったのです。

でもこのトリガーポイント鍼療法という本は、ドクターが書かれたもので、その内容も解剖学や神経生理学などの理論と絡めた説明がたっぷりと記載さえていました。
正直、内容はちんぷんかんぷんな所もたくさんありましたが、でも嬉しかったんですね。
こうした理論的に説明ができる(厳密には未だ不明な部分も多くありますが)テクニックを使えるということが。

そして、私の中で一番気に入った理由が、非常に弱い力で痛みを緩和できる!ということでした。

それから現在に至るまで、私は筋肉に対するアプローチはトリガーポイント療法1本でアプローチをしてきました。
その間、オリンピック代表選手や実業団の選手などの治療にも大いに活用してきました。

そんな24年間、私がトリガーポイント療法の中でこだわってきたことが1つあります。
それは、「弱い力で」痛みを緩和する、ということでした。

トリガーポイント療法がテレビや雑誌などに頻繁に取り上げられるようになり、多くの整骨院、鍼灸院、整体院、整形外科などでも行う先生が増えてきました。
中には、トリガーポイントに対して強い力で圧をかけたり、グリグリと強い力でごねまわしたりといった痛みを伴うような施術を行う場所も多く見かけるようになりました。
施術のスタイルについては、それぞれの先生の考えがありますので、どれが正解、不正解と言うのは言えません。それはお客様が選ぶことですからね。

ただ私は、辛い症状を抱えて来られるのだから痛い思いはさせたくない、強い圧は無駄に筋肉を壊すという思いがあるので、24年間ず~っと弱い力で痛みを緩和するトリガーポイント療法を行ってきました。
そして今ハッキリと言えることは、ポイントさえしっかりと掴めれば弱い力でも痛みは簡単に緩和できる、という事です。

ですので私がお教えするトリガーポイント療法はガッツリもみたい!強モミが好き!という方にはむきません。
弱い力で優しく痛みを緩和したいという方にとっては、最強の武器になると思います。

 

、セミナーの詳細

■日時:2017年10月8日(日)13:30~16:30(※)途中、珈琲タイムを挟みます(^^)
■場所:自由が丘サロン
東京都世田谷区奥沢5(個別に連絡をします)
東急線・自由が丘駅より徒歩6分 東急線・奥沢駅より徒歩3分
南欧風のザ・自由が丘という感じのオシャレなサロンです(^^)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

■定員:6名  満員御礼
■料金:19,800円

 

、講師から皆様へ

皆さん、こんにちは(^^)
プロフィールや写真を見ると、ちょっとお堅い近寄りづらそうなイメージが湧いて来るそうですが根は関西人です(京都人です(^^))
面白いこと、楽しいことが大好きです。そして教えること、質問をされることが大好きです。
ですので、どうぞお気軽に声をかけて下さいね!
セミナーや個人レッスンでご一緒できることを楽しみにしています(^^)



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事