外側が高い足底版(インソール)はO脚に効果的?

外側が高くなった中敷きはO脚に効果があるのですか?

患者さまや受講者の先生からこのような質問をよく頂きます。

先に結論を言いますと・・・医学的には×です。プロの先生方は同じ意見の方が多いです。

どうしても見た目だけで診断してしまうと、O脚の方は膝の部分が外側に出っ張っているので、それを内側に持っていくには外側を上げればいい!?という発想になります。

こちらのO脚の患者さまで、もう少し細かく説明します。

今度は後ろから足を見てみます。

すると、脚のライン①が内側に向かって下りて行ってますね。

これを見ると、外側が上がった中敷き②を敷けば、膝が内側に傾いて脚のライン①が真っ直ぐになるのでは!?と思ってしまします。

でも、実際にO脚の方の骨の画像を見てみると、足のかかとの骨はこのように内側に倒れているケースが非常に多いのです。

(※)右足 距骨下関節において踵骨が内側に倒れています。

この骨格に対して、足裏の外側を高くしてしまうと、更に内側に倒れこみ下腿は強く内旋させられてしまいます。

結果的に、O脚やX脚を増強させてしまいます。

実際こうした足底板を試された方の多くは

・膝が痛くなる

・腰が痛くなる

・O脚が悪化する

といった感想をもたれる方が多いです。

見た目だけじゃなくて、その中にある骨格や関節がどうなっているのか?

ここをきっちり理解していればO脚や骨盤の歪みを改善する事ってそんなに難しいことではないんですね。

それじゃ、外からは判断しにくい、骨格のねじれはどうやって見極めればいいのか?

次回は、その簡単な方法をご紹介します。

 

関連記事

  1. 4月16日関節テクニック1日セミナー追加開催決定

  2. ネーミングを変えるだけで簡単に集客ができる!

  3. 【満員御礼】7月2~7日 5days骨盤・O脚矯正スクールi…

  4. 【満員御礼】100万円相当の技術・集客法・経営術が15万円で…

  5. 1回で骨盤の歪み、O脚、X脚を改善する秘訣

  6. 11月20日、27日 骨盤セラピーセミナー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。